カーボンオフセット

カーボンオフセットとは

カーボン・オフセットとは、個人の生活や企業の活動などで排出される二酸化炭素(CO2)のうち、どうしても減らすことのできない分を、他の場所の活動で二酸化炭素(CO2)を削減・吸収した権利で埋め合わせる(相殺する)エコアクションです。

カーボンパス(CarbonPASS)とは

減らしきれない二酸化炭素(CO2)は、CarbonPASSでオフセット(埋め合わせ)。クールで賢いエコアクションを象徴するシンボルマークとして利用します。

カーボンオフセットのメリット

カーボンオフセットを利用することで、環境負荷(CO2排出)を見える化、または意識することになり、意識したCO2に対して排出削減努力やカーボンオフセットを実施することで個人や企業のエコアクションが充実します。カーボンオフセットやエコアクションtへの取り組みを通じてBtoB,BtoC,BtoBtoCがつながるCSR価値の獲得やECOマーケティングへの利用が可能になります。

offset_img03.gif
カーボンオフセット利用カテゴリ
offset_img04.gif   offset_img05.gif   offset_img06.gif
商品・製品サービス   自主活動
(設備・オフィス)
  イベント
(会議・お祭り)
カーボンオフセットを付与した、eco商材を企画、展開し、顧客への訴求力UP、拡販や企業イメージ向上を図ります。   オフィス消費エネルギーや、事業活動から排出されるCO2をオフセットし、CSRやIR,環境貢献度をアピール。   ecoイベントの企画提案により競争力UPを図りたい。ecoイベントの開催で主催者の環境貢献度をアピールできます。
offset_img07.gif   offset_img08.gif   offset_img08.gif

カーボンオフセット企画の作り方

手順
1
企画・計算 offset_img09.gif 企画検討 カーボンオフセットの対象、目的や効果、ストーリーを整理し、予算に見合った企画立案を支援。  
offset_img09.gif 見える化 CO2を見える化(計算)する対象と範囲を明確化。
offset_img09.gif CO2計算 カーボンオフセットに関するガイドラインに沿った計算。

offset_img10.gif

手順
2
クレジット処理
offset_img09.gif クレジット
企画の目的やストーリーにマッチしたCO2クレジット調達。
主にJ-クレジット制度から発行されるクレジットを対象。
 
offset_img09.gif 無効化償却
調達したクレジットを制度管理機関が管理する口座へ移転。

offset_img10.gif

手順
3
CarbonPASS
発行
offset_img09.gif 証書発行 CarbonPASS証書を発行。 offset_img16.jpg 
offset_img09.gif 移転通知 移転手続き完了のエビデンスを発行。

offset_img10.gif

手順
4
フォローアップ
offset_img09.gif パブリシティ
各種媒体や関連サイトへの掲載支援。  
offset_img09.gif カスタマイズ
企画の拡充や訴求力UPを支援。

カーボンオフセットをブランディング

当社が提供するカーボンオフセットの特徴は、お客様の取り組みをより分かり易く・クールに伝えるシンボルとして「CarbonPASS」ブランドを立ち上げている点です。CarbonPASSは、地球上で活動し生活していく我々の、グリーンでエコロジーなスタイルを表現します。

offset_img12.gif

CarbonPASSはグリーンなスタイルへシフトするチケット&エチケットです

offset_img13.gif

CarbonPASSブランドサイトはこちら

CarbonPASSシンボルマークは世界的なフォントデザイナーの「ジョナサン・バーンブルック氏」によるもので、地球温暖化防止を意識したコンシエンシャス・デザイン(良心的なデザイン)です。
offset_img14.gif
offset_img15.jpg Jonathan Barnbrook ジョナサン・バーンブルック
プロフィール 六本木ヒルズのロゴデザインなどを手掛ける http://www.barnbrook.net/
私は、デザイナーが今こそ社会にポジティブな貢献をしなければならないと考えています。その意味で今回、カーボンパスロゴデザインをさせていただけたことは、私にとっても光栄です。
地球温暖化は、人類が直面する最大の課題。カーボンパスだけで問題を解決することはできなくても、カーボンパスを利用するという私たちの行動は、間違いなく世界に良い影響を与えるでしょう。

ページの先頭へ戻る